「Destiny2」でRAZER RAIJUを使ってSCUF IMPACTと比較してみる

「オシリスの呪い」が追加され、新しいゴーストの獲得、マスターワーク付きの武器作り、見たことのないエキゾチックの収集、そして自撮りと、毎日Destinyの宇宙を飛び回っているふもっふのおみせスタッフです。
最近、RAZER RAIJUも使っているので、SCUF IMPACTの使い勝手と比較してみようかと思います。

過去の関連記事は以下の通りです。

RAZER RAIJUコントローラーについては、こちらでも紹介しています。

結論を先に申し上げますと、本格的FPSとしてDestinyを楽しみたいなら細いカスタマイズや設定が可能なSCUFを、ハックアンドスラッシュアクションRPGとして楽しみたいなら、複数のリマッピングを切り替えられるRAIJUをオススメします。

拡張ボタンに何を設定する?

SCUF IMPACTもRAZER RAIJUもどちらも拡張ボタンが4つあります。

背面に設置されたパドルで操作を行うSCUF IMPACTは、中指を背面に回すか、薬指や小指で直接パドルを操作することが可能です。背面パドルをそこまで使わないのであれば、パドルを外すことも可能です。パドルの付け外しにドライバーなどの道具は入りませんが、背面パドルにボタンを割り当てるためにはSCUF MAG キーと呼ばれる拡張アイテムが必要になります。

RAIJUの背面ボタンは、M1(①)、M2(②)、M3(③)、M4(④)と名付けられています。M1とM2がLRボタンのそばにあるため、トリガーを操作する中指、もしくは人差し指で操作することになります。個人的には中指で操作するのが使いやすいと思います。M3とM4は付属のドライバーを使って取り外すことができます。リマッピングはコントロールと一体となっている拡張ボタンを利用し、2種類のリマッピングデータを保持し、簡単に切り替えることができます。

RAZER RAIJUの方がマッピング可能ボタンが多い

SCUF IMPACTとRAZER RAIJUでは、拡張ボタンに設定できるボタンの種類が異なります。

RAZER RAIJUの方が設定可能ボタンが多く、SCUF IMPACTでは設定できない、Dパッドの上下、シェアボタン、オプションボタン、トリガーボタンもマッピング可能になっています。

SCUF IMPACTとRAZER RAIJUの拡張ボタンの違いまとめ

 SCUF IMPACTRAZER RAIJU
拡張ボタンの数44
形状パドルボタンとトリガー
位置コントローラーの背面LRボタンの間に2つ、背面に2つ
背面装飾道具なしで外せる付属のドライバーを使って外す
リマッピングSCUF EMRキーを使うコントローラーで完結
設定可能ボタン左右、OX△□、L3R3のみタッチパネル以外の全てのボタン、トリガー

トリガー操作に類似したM3、M4にL2、R2をセットするのもあり!!

最初はSCUF同様にM1は□を設定し、最初、M2にはXボタンも設定していました。

操作しやすいのですが、触っているうちに、RAIJUの拡張ボタンは、トリガーをひいている感触にに近いことに気がつきましたので、思い切って、M3にL2(照準)、M4にR2(トリガー)をセットしたところ、L2R2ボタンよりも連射がしやすいように感じました。

パドルとは異なり、トリガーがしっかり沈む感触もあるので、この設定もオススメです。LRボタンの間についているM1、M2ボタンにジャンプとリロードを設定しても良いかもしれません。

リマッピングを2つまでセットできるRAIJUなので、タワー用の設定をしても良いかも

拡張ボタンを使って2つのリマッピング情報を切り替えることができるRAIJUなので、M1ボタンにダッシュ、M2ボタンにOボタン、M3ボタンに□ボタンを設定すると、移動や会話、決定がスムーズに運び、とても便利です。

本当に一瞬で切り替わるので、ロード中に切り替えても良いでしょう。この切り替えの早さは、RAZER RAIJUならではの機能です。

この時、Oボタンと□ボタンの位置を間違えて、大事な武器を分解してしまわないように気をつけましょう。

0円カスタマイズでフルスペックSCUF!

ホールド感があるRAIJUだけど、滑り止めが欲しくなるかも

コントローラーを持った感じですが、どちらも手のひらで包むように持つため、安定感があるのですが、その分、手汗が気になることも多いのではないかと思います。結論から言うと、どちらも何かしらの滑り止め対策をするべきです。

RAIJUは、中指をMボタンに届けたり、背面のトリガーをしっかり引くために、コントローラーを包み込むように持つことになると思います。一見大変そうに見えますが、慣れるとかなり安定して操作ができます。

両方とも独特の形状をしているので、市販の滑り止め(シリコンカバーなど)の装着は諦めた方が良いでしょう。

なお、SCUF公式サイトに、「外部のケースやカバーを使っての使用は推奨しません」との記載がございました。ぜひ、カスタムオプションで「SCUFグリップ」をご選択ください。

サムスティックの押し込み(L3,R3)動作はSCUFの方がスムーズ

SCUFのサムスティックは、スムーズに動く素材が選択されています。また、凸型、凹型という2種類の形状も選べるので、快適にプレイできます。

サムスティックを押し込む、L3,R3ボタンの操作ですが、通常のPS4コントローラーよりも感度が良いように感じました。

一方でRAIJUは、サムスティックの交換はできません。通常のコントローラーよりもL3,R3ボタンの反応は良いものの、細かい部分ではSCUFの方が良さそうです。

ライフル系の武器を使う人はSCUFの方が良いかもしれませんね。

RAIJUはトリガーコントロールの切り替えが楽

RAIJUは、背面トリガーの取り外し以外、コントローラーだけで成立しています。トリガーの絞り設定も同様です。

SCUFはSCUFキーと呼ばれる特殊な拡張アイテムを使用して行うトリガーストップの調整ですが、RAIJUはボタン操作で簡単に切り替えられます。

カットされる挙動は、SCUFもRAIJUも両方とも50%ほどでした。

ピストルが連射できるようになるので、接近戦が大好きな方にオススメです。ハンターの回避リロードも使うと、短時間で相当なダメージが期待できます。

SCUFもRAIJUのふもっふのおみせで購入可能

SCUFもRAIJUもどちらもふもっふのおみせで購入できます。

RAIJUに関してはタイミングによっては即日発送が可能な場合があり、他で購入するよりも、早く安く手に入れられるかもしれません。

SCUF Entry Editionを
ふもっふのおみせで購入する

RAZER RAIJUを
ふもっふのお店で購入する

ふもっふのおみせなら、SCUFのカスタマイズ発注も可能!
自分だけのSCUFコントローラーを手に入れよう!

ふもっふのおみせで
SCUFコントローラーを購入

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった

ピックアップ記事

  1. みなさんこんにちは!オペレーション・パラベラムは楽しんでいるでしょうか?PC版レイン…
  2. 最近では頻繁にプロリーグも開かれるようになり、e-sportsタイトルとして一躍話題になっている特殊…
  3. 広大なオープンワールドを自由に攻略できるFPS「ファークライ」。その自由度や狂気的な舞台設定やストー…

Recent Comments

PAGE TOP