SCUF VANTAGE(有線モデル)の使い方・機能説明・内容物・カスタマイズをご紹介

当記事は、ふもっふのおみせで販売中の「SCUF VANTAGE」の内容物や機能、カスタマイズについて詳しく解説致します。

SCUF VANTAGEの外装、見た目

まずは、SCUF VANTAGEの外装箱です。

IMPACTや4PS PROのパッケージよりも一回り大きい箱を開封すると、さっそくSCUF VANTAGE本体とご対面です。

コントローラー本体のフェイスプレートはライトグレーで、質感は従来商品のようなマットな触り心地ではなく、サラサラとした加工がされています。基本的にシンプルな色使いがされている中で、スティック根元の黄色いリングが目を引きますね。リングは従来品のものよりもかなり細めのプラスチックで、ツルツルしています。ボタンの押し心地も従来品とはかなり異なり、全体的に「カチカチ」となる印象です。○×☐△ボタンに関してはそれほど音は鳴りませんが、十字キーやPSボタンを押すとそこそこ大きなカチカチ音が鳴ります。スティックは左右とも凹型レギュラーサイズが標準装備されています。側面にわずかに見えているSAXボタンとコントローラー下部にある長方形の黒い部分のオーディオタッチバーについては、後ほど解説致します。

続いてSCUF VANTAGEの背面を見てみましょう。背面のみを見ると、SCUF IMPACTと似た印象を覚えます。SCUF VANTAGEには4本のパドルコントロールシステムが装備されており、押下するとかなり高めのカチカチ音がなります。また、パドルの形が指に沿うように設計されており、IMPACTのパドルよりもかなり押しやすい印象です。R2,L2トリガーには調整式ヘアトリガーと高速トリガーストップが標準装備されています。トリガーについてもっと知りたいという方はこちらの記事をご一読下さい。グリップは従来品のグリップのような水滴を散りばめたようなデザインではなく、規則的に丸い滑り止めが並んでいる仕上がりになっています。余談ですが、コントローラーをPS4と接続すると、SCUFのロゴマークが点灯します。

最後に、コントローラーを下から見てみます。正面から見たときに少し触れたオーディオタッチバーが目立ちます。バーの下にはDUALSHOCK4と同じく、ヘッドセットの端子を接続するための穴があります。穴の少し右下にはリマッピングスイッチがあり、このスイッチでボタンを割り振るためのリマッピングモードにコントローラーを切り替えることができます。左がプレイモード、右がリマッピングモードです。

SCUF VANTAGEの内容物

  • SCUF VANTAGE本体(有線モデル) ×1
  • 専用マイクロUSBケーブル 約3メートル ×1
  • 差し替え用アナログスティック(ロング・凸型ブラック)×2
  • トリガーカバー (ロング・ブラック)×2
  • 摩耗抵抗用リング (ブラック)×2
  • コントロールディスク(ブラック)×1
  • SCUFキー ×1
  • マニュアル(英語)×1
  • ガイド(英語)×1
  • クイックスタートガイド(英語)×1
  • ステッカーセット ×1

SCUF VANTAGEのボタン・機能

SCUF VANTAGEは、○×☐△ボタン等のDUALSHOCK4のデフォルトボタンに加え、SCUFの特徴でもある4本のパドルコントロールシステムや、コントローラーの左右の側面に2つのSax Buttonsを搭載しています。また、コントローラーに有線で接続されたヘッドセットの音量調整やマイクミュートを可能にするオーディオタッチバーや、ボタン割り当てのためのリマッピングスイッチが内蔵されています。下のコントローラー分解図をご参考下さい。

下記、各ボタンの詳細や機能について記載致します。

・パドルコントロールシステム

SCUFコントローラーの代名詞ともいえる、背面に並んでいる4本のパドルコントロールシステムは、自分の好きなボタン機能を割り振ることができる拡張機能です。コントローラー下部のリマッピングスイッチを切り替えて、SCUFをリマッピングモードにし、割り振りたいボタンと使いたいパドルを同時に長押しするだけで、そのパドルにお好みの機能を割り振ることができます。例えば、一番右のパドルと☐ボタンを同時に長押しした場合、一番右のパドルは☐ボタンの機能を持ちます。これにより、FPSゲームでリロードのためにわざわざ親指をスティックから離して☐ボタンを押しにいく必要がなくなり、中指や薬指でパドルを押してリロードすることが可能になります。親指を右スティックから離している間のカメラ操作が不能になる時間がなくなり、大きなアドバンテージを得ることができます。

・SAXボタン

SAXボタンは、SCUF VANTAGEより新たに追加された、リマッピング可能な2つの追加ボタンです。コントローラーの側面に位置しており、コントローラーを握ると、だいたい第二関節くらいの位置にあります。パドルコントロールシステムと同様に好きなボタンを割り振ることができ、プレーヤーによってそれぞれ使い方が変わってきます。L1,R1を押している際、このSAXボタンは非常に押しにくいため、少し割り振るボタンを考える必要があります。

・リマッピングスイッチ

リマッピングスイッチは、ボタンを割り振るリマッピングモードにSCUFコントローラー本体を切り替える際に使用するスイッチです。従来品では「EMR」と呼ばれる強力な磁石をコントローラーの背面にくっつけてリマッピングモードに切り替えるという手順が必要でしたが、SCUF VANTAGEではスイッチを切り替えるだけ。とっても簡単です。リマッピングモードになっている間、ボタンはゲーム内で反応しなくなるため、プレイ中に誤ってリマッピングモードに切り替えないようにしましょう。

・オーディオタッチバー

オーディオタッチバーでは、SCUF VANTAGEに接続されたヘッドセットの音量の調節や、マイクミュートをすることができます。コントローラー下部にヘッドセットの端子を接続し、バーを指で右にスライドすると音量の増加、左にスライドすると減少することができます。また、バーを押し込むことで、マイクをミュートにすることも可能です。

コントローラーのカスタマイズ

SCUF VANTAGEは、購入後でもプレーヤーがそれぞれのプレイスタイルに応じてカスタマイズを変更することが可能です。先ほどの分解図で外れているものは基本的に取り外しが可能で、重さやボタンの数を変更することができます。

下記、各プレーヤー自身でカスタマイズできる部位をそれぞれ紹介していきます。

・パドルコントロールシステム

SCUF VANTAGEには4本のパドルが標準装備されていますが、何も全てのパドルを使用しなければいけないわけではありません。使わないパドルであったり、握った時に邪魔になるパドルがあれば、取ってしまうことができます。4本も使いこなせないというのであれば、外側2本のパドルのみを残し、内側2本のパドルを取ってしまうのも、賢い判断かもしれません。

・十字キー

SCUF VANTAGEの十字キーは、マグネットで固定されているため、簡単に取り外すことが可能です。同梱されているコントロールディスクもマグネットで取り付けることができるので、FPSをやるときは十字キー、格闘ゲームをやるときはコントロールディスクという風に状況によって使い分けができます。※コントロールディスクは、十字キーでの斜め入力を容易にします。

・サムスティック&リング

スティックは、凹型レギュラーサイズが標準装備されていますが、お好みで同梱されている凸型ロングサイズに変更することが可能です。長いスティックは微調整が容易になるため、右スティックを凸型ロングスティックに付け替えることで、遠距離でも正確なスナイピングができるようになります。根元のイエローのリングもブラックに変更することが可能です。

・L2,R2トリガー

デフォルトでL2,R2トリガーには、レギュラーサイズのトリガーカバーが付けられています。もしトリガー押しにくいといった問題があるなら、ロングサイズのトリガーカバーに付け替えることで解決できるかもしれません。ただし、中指でトリガーとパドルを操作するプレイヤーにとっては、ロングカバーは指の移動の邪魔になることがあるので、注意が必要です。

・SAXボタン

SAXボタンも簡単に取り外すことが可能です。使い道を見いだせない場合や、握った際に邪魔になるようでしたら、取ってしまったほうがいいでしょう。取り外すことで多少見た目はアレになりますが、側面の凹凸を減らすことができるので、人によってはフィット感が増すかもしれません。

・振動パック

従来品では、注文時にしか振動パックの有無を決定できませんでしたが、SCUF VANTAGEでは、ご自身で取り外しすることが可能になりました。振動パックは左右の持ち手の部分に格納されており、フェイスプレートを取ることで簡単に取り外しができます。振動パックを取ることで、コントローラー本体の重量をかなり軽量化することができます。振動が邪魔になることがあるFPSでは振動パックの除去、臨場感を味わいたいRPGゲームの時は振動パック有りでプレイするといったように、こちらも状況に応じて使い分けることができるようになりました。

SCUF VANTAGEの接続方法

ふもっふのおみせで取り扱いしておりますSCUF VANTAGEは有線専用モデルですので、PS4本体と接続する際に特に複雑な手順は必要ありませんが、本体の取り扱い説明書にセットアップ方法が記載されているため、当記事にまとめさせて頂きます。

  1. PS4本体を起動します。
  2. 付属されているMicro-USBケーブルをSCUF VANTAGEに接続します。
  3. Micro-USBのもう一端をPS4本体に接続します。
  4. コントローラー中央のPSボタンを押下し、SCUF VANTAGEを作動させます。

コントローラーのリセット

  1. SCUF VANTAGEのフェイスプレートを取り外します。
  2. ○ボタンの右下に小さいリセットボタンがございます。
  3. クリップの先やSCUFキーを使用して、ボタンを押します。
  4. ボタンを数秒間押し続け、はなします。

※注意 コントローラーをリセットすると、パドルコントロールシステムやSAXボタンに割り振られているボタン機能がリセットされます。

SCUF VANTAGEの購入はふもっふのおみせで!!

当記事を読んでSCUF VANTAGEに興味を持った方は、ぜひふもっふのおみせからご購入をお願い致します!

https://www.fumo-shop.com/scuf-vantage-wired-micro-usb-to-usb.html

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった

ピックアップ記事

  1. 当記事は、ふもっふのおみせで販売中の「SCUF VANTAGE」の内容物や機能、カスタマイズについて…
  2. みなさんこんにちは!オペレーション・パラベラムは楽しんでいるでしょうか?PC版レイン…
  3. 最近では頻繁にプロリーグも開かれるようになり、e-sportsタイトルとして一躍話題になっている特殊…

Recent Comments

PAGE TOP